機能性食品原料「LEM」「MAK」「LEF」の製造 
  おかげさまで創立50周年 

 HOME > 会社情報 > 会社概要

幅広いご要望に
お応えして行くとともに、
多彩な可能性をご提案しています。


会社概要


代表的商品「椎菌」「レンテミン」は、創業者である飯塚千代吉の世界的研究と評された、菌糸体培養法とその有効成分抽出法に基づくものです。研究結果は幾多の特許を取得し、その独創性に対し、理学、農学の学位が授与されました。シイタケ菌糸体培養培地抽出物(LEM)に関する研究成果は大学などの公的期間から学会や論文で数多く報告されています。シイタケ菌糸体培養培地抽出物(LEM)は健康食品として長年販売されてきており、数多くの人々の健康維持に愛飲されております。

弊社はその菌類のひとつである、キノコについて研究してまいりました。その結果、シイタケ菌糸体培養培地抽出物(LEM)の開発に成功し、健康食品として世に送り出しました。また、近年において霊芝菌糸体培養培地抽出物(MAK)さらにシイタケ醗酵米糠抽出物(LEF)が開発され、LEMともども今後が期待されます。弊社は以上のような考えをもとに地球上の全ての生物の健康づくりを念願として研究開発に精進し、LEM及びMAK・LEFの用途の拡大と普及に努めてまいります。
 

経営理念

今日、ますます悪化する自然環境の中で地球上の全ての生物の抵抗力、即ち免疫力が低下し、人聞に限らず地球上の動植物の健康を維持することが難しい時代に入ってきました。人の健康を支える植物・家畜等に多用されている農薬、肥料、飼料等は決して環境にはやさしくありません。弊社の経営理念は創業者による「生命の尊重」であります。人間をはじめとする動植物の健康に貢献することを祈念しその達成に情熱を傾けていくこと、それがやがては社会福祉、人類の幸福に通ずるものと信じております。地球上の生物は動物、植物、微生物に大きく分けられます。微生物の中の菌類は植物が生存できる土壌を作り、やがては動物の生命が宿るきっかけを造ったといわれています。
 

 

 

 

社会貢献


TABLE FOR TWO、直訳する二人の食卓」。先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合うというコンセプトです。
世界の約70億人のうち、約10億人が飢餓や栄養失調の問題で苦しむ一方で、20億人近くが食べ過ぎが原因で肥満状態にあります。この深刻な食の不均衡を解消するため、2007年の秋に日本でTABLE FOR TWOが創設されました。
TABLE FOR TWOの仕組みは、海を越えて海外にも広がっています。2017年現在、アメリカをはじめスイス、ドイツなどヨーロッパの国々、ノルウェー、サウジアラビア、そして香港やベトナム、オーストラリアなど計14か国で活動を展開しています。

弊社は、「LEMIN na-no-da」の売上の一部をTABLE FOR TWOに寄付しています。
 

 

健康経営宣言 


野田食菌工業は「【生命の尊重】をテーマに人間をはじめとする動植物の健康に貢献することを祈念しその達成に情熱を傾けていくこと、それがやがては社会福祉、人類の幸福に通ずるもの」を企業理念に掲げ、事業を展開しております。当社が健康を支援する企業として貢献し続けるためには、第一に私たち社員が心身ともに健康であることが不可欠です。
野田食菌工業は、社員が健康であり、生き生きと仕事ができる会社であることが、最も重要な経営の基盤と考え、健康経営を推進します。
さらに、お客様に対して、常に質の高い健康サポートを提供することで、我が国の健康寿命の延伸に寄与していきます。
 
                     代表取締役
         飯塚 博


野田食菌工業(株)グループ NSK CO.,LTD.
 


 

設  立     昭和44年
資  本  金     9,992万円


事  業  所
本社・工場・研究所 千葉県野田市七光台295
TEL 04(7127)3811
東京事務所 東京都千代田区神田美倉町7-1
TEL 03(5298)2661
取引銀行 みずほ銀行 柏支店      
千 葉 銀 行 川間支店